• HOME
  • 證大寺本坊パートナー 木原 あゆみ

①最高の供養のために、どのような心構えをされていますか?

お墓を探されている方は、お元気なうちに自分のものを、とお考えの方もいらっしゃいますが、それよりも、ご家族を亡くされて、ということをキッカケにされる方が多いように思います。亡くなってご遺骨ができてから、どうしようと。
ですので、家族を亡くされて心が傷ついている方、精神的に極限状態の方が多いように思います。
そして、霊園よりも、お寺に来られるのはハードルが高いはずなのに、そこを勇気を出して来られるわけです。

そう言った状況の方へご対応するため、「まずはお話を聞かせて下さい」と傾聴を心がけています。まず最初は、何を今思って来られたのか、とお相手の胸のうちを聞くことから始まると思うからです。
ご事情を聞かないと、本当に求めていらっしゃるものが分らないからです。

そうして、「故人様への思い」をしっかり伺います。皆様それぞれ考え方や状況が違いますので、個々の状況を傾聴することを大切に心がけています。

また、ご存じのない、適切な情報を教えて差し上げることも大切です。お知りになれば、それを望まれることもあるからです。その方にとって、よりよい方向へ導いていくのも私たちの役割だと思います。

②関わっている「&(安堵)」や「浄縁墓」への思いをお聞かせください。

お墓を選択する場合に、「最高の選択は、證大寺以外にありません」と言えるほどの自負があります。
これからもさらに、信じて選んで下さった、そのご信頼に応えて行きたいと思います。

③見学会に対する思いをお聞かせください。

まず、ご見学を通じて、お電話やメールではわからないことでも、どんな人間がいるのか、どんな場なのかを見て頂くことでわかることや納得されることがあります。

見学会というより、ご相談のつもりでお越し頂けたらと思います。
困っていることがあれば、是非お話をお聞かせ下さい。
きっとお越しになれば、何か違うこと(意外な解決策など)があるかも知れませんから。
お寺では葬儀法要があるため、そうした場で参詣者様から教えて頂くことがたくさんあるんです。その蓄積が、ご見学ご相談に来られた方への対応や理解に生きるんですよね。有難いことです。

ご対応を通じて、来られた方の不安が安心に変わるのが私の喜びです。
それが出来るのがお寺の力、お寺の仕事です。
通常の霊園では絶対できない、できるわけがないことが、お寺には出来るのです。
そんなお寺にいることも、私の喜びです。

見学会は決まったもの以外に、ご都合に合わせて個人個人でのご対応も行っていますので、個別にお話しを聞いて欲しい方も大歓迎です。