• HOME
  • 住職の想い

何故、お墓やお墓参りが必要なのでしょうか?

現代社会ではお墓やお参りの必要性について考える機会はあまり無いのではないでしょうか。
亡くなった後に入る場所に困らないようにするため、あるいは義務だと感じていたり。
だとしたら、お墓やお墓参りはとっくに無くなっているはずですし、そうでなければ、そのうち無くなってしまうことでしょう。

私たちはお参りの本来の在り方を取り戻したいと考えています。

お墓参りの本来の在り方とは、亡くなった人と「語り合う」「向き合う」ことなのです。
普段の私たちは、人生に行き詰まった時、人生の局面を迎えた時、いくら考えても自分のことだからこそ、どうしてよいのか分からないものなのです。だからこそ亡くなったお父さんやお母さん、あるいは、連れ合いの方、仲間、先輩、先生と向き合うことで
「私は本当は何がしたいのか?」
と、自分を出して客観視してみる事が大切なのです。そして背中を押してもらうのです。
生きている人よりも亡くなった人との方が正直に話をすることができる事もあるのではないでしょうか。

それがお墓参りだとしたら、お墓参りを無くしてはいけないのではないのでしょうか?
そして年に一度か二度、亡くなった方と向き合う場所、それがお墓なのです。

では、お参りの本来の在り方を取り戻すために、霊園はどうあるべきなのでしょうか。

私たちが考える霊園の在り方は何かと申しますと、「生きている人のための霊園」です。
これは、お墓に入っている方の一番の心配は、のこされた家族だと考えるからです。
私には亡くなった方の「ごめんな、俺がこんな霊園を買ってしまったせいで、子供が独立して親が亡くなって、俺も亡くなって、こんな遠くに俺のために来させて、俺の親のために来させてしまって本当に申し訳ない。」という声が聞こえてきました。
ですから、亡くなった方の「ここを選んだのは俺だ、お前のために選んだんだ、良かっただろう。」という声が聞こえてくるような霊園にしなければと思いました。

そういった在り方を基準に他の霊園をみた時に、他の霊園は運営側の都合で運営されているようにしかみえませんでした。
私たちは常に何かをする時「これは誰のためなのか?」「これは本当に意義があるのか?」ということを一旦立ち止まり、振り返ります。
そして何度も話し合う中で「生きている人のための霊園」であるためには参詣者の方がゆっくりと安心してお参りできる環境も必要だと考えました。お参りの在り方をちゃんと良くしていこうと。

そのために、お墓の維持が出来なくなっても決して無縁にしない、お寺が永代に亘ってお護りすることができる1000年残るお墓(浄縁墓)と参詣者が亡き人と向き合うことのできる休憩所(手紙処)の建立を目指しました。

その結果建立された浄縁墓では契約されたあるご夫婦は、それ以前に家族墓をお持ちだったのですが、お子様が亡くなっており、そのお墓を承継することができないとのことで浄縁墓を契約されました。
その契約の際に、御主人様が奥様に向かって「しょうがないよな、これならしょうがないよな。」と仰られたのですが、その口角は上がっており、とても納得しているような表情をされておりました。文章にするとネガティブな表現ですが、そのお顔を目にし、「これでよかったな。」と思いました。

そんな私も若い頃、先代住職である父親と色々とぶつかり反発をしている時期がありました。
僧侶になることは考えておらず、むしろ、お寺を潰すことさえ考えておりました。
そんな時期、父親から「仏教をつまらない、くだらないと言っているが、じゃあ、お前は仏教の何を聞いているのだ。一度、聞いてから言ってはどうだ」と言われ、仏教を勉強したかった訳でもなく、留学の準備もしておりましたので、内心すぐに辞めるつもりで、京都のお寺の大学に行くことにしました。

そこで現在の師匠に出遭い、初めて仏教の教えを聞きました。その時に自分はどれだけ仏教のことを知らなかったのか知らされることとなりました。

当初、仏教の大学へ転学はしたものの、講義に出席することはほとんどなく、留学の件もありそろそろ大学を辞めようと考えていた時に、友人に誘われ、また色々な悩みもあったりして師匠の勉強会に参加しました。その勉強会で教えて頂いたお経の言葉の中には私に関係のある言葉が記されていました。
それまで仏教は、2500年前のインド人の話であって私には何の関係もなく、お経もただの呪文程度にしか考えていなかったのですが、そこには私自身のことが書いてあり大変驚かされました。
私はこれまで仏教の「ぶ」の字も知らず、歎異抄(たんにしょう)さえも読んだことがなく、お参りも子供の頃に強制でやらされた以外まったくしておらず、そんな何も分からないはずの私は何を反発していたのだろうと思いました。

ちょうどその頃、父親が末期ガンになってしまったのですが、父親とは色々と話ができるようになっていました。

今、埼玉県東松山市と千葉県船橋市の2か所に霊園がありますが、この霊園は父親が開きました。
開園当時、お寺が宗派を全面に出して霊園を運営しているということで、霊園業界から生意気だと言われたり、お寺関係からは、お寺なのに宗教宗派を問わないのは何でもありでだらしないと言われたり、色々と風当たりは強かったように思います。
その様な中で護ってきた霊園を引き継ぐのであれば1ミリも後退させない、少しでも良くしようと思いました。また、父親からは形を作ったので魂を入れろと言われました。
そうすると、霊園はお墓があるけれど、お墓に入る人のためだけでなく、生きている人のための場所にしなければと考えました。
生きている時に、ここを選んでよかったと思ってもらえるにはどうしたらよいのだろうか、それにはお参りの在り方、死生観を学べる場所になればよいのではと思いました。

しかし、父親が亡くなった後、経営に携わってもらうパートナーが入ってきたのですが、その方はある外資の証券会社設立の中心メンバーの経験もあり、最新の経営方式で徐々にお寺は株式上場を目指すような会社組織に変わっていきました。
途中、これではお寺がお寺では無くなると思いお寺に戻さなければと思いましたが、その一方で現状の体制を無しにすることは職員を路頭に迷わせることにもなり怖さを感じどうしてよいかわからない状況に陥っていました。

この様な状況の時に、ちょうど父親の七回忌があったのですが、その際に転機となった2つのことがありました。
1つ目はお経でした。
経営のパートナーは1人で10人分位の仕事をこなしてしまうような優秀な方でしたが、本願は千倍、何万倍、人の願いだと。この願いを受ける場所を潰してはいけない。個人では負けても本願においては負けないのだから、その願いを大事にしようと思いました。
2つ目は父親の手紙でした。
子供の頃に父親から手紙を預けているから見ろと言われていたことを突然思い出しました。
父親が亡くなってからは、父親がそばにいるような気がして、その病院の前や待合室でノートに往復書簡を書き、父親と対話をすることがよくありました。その日も夜の病院の待合室でノートに手紙を書いていたのですが、その時に思い出し、手紙があると言われた場所を探しました。その手紙には父親からのメッセージがありました。そこには「後継に告ぐ 證大寺の念仏の灯火を絶やすな」と記されていました。この言葉で私の向かうべき方向が定まり今に至ります。